特集

今冬の大雪で、太陽光向け除雪サービスに脚光、損壊防止も目的に(page 4)

北陸では常駐で除雪する案件も

2018/06/20 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

北陸で大型案件の受注も

 北陸に立地する出力数十MWのメガソーラーによるもので、この発電所が売電を開始する予定の2018年秋以降、同社が除雪サービスを担当する予定となっている。

 このメガソーラーが立地する地域も、今冬は積雪が多かった。施工中に設置された太陽光パネルの多くが、積雪の重みによって割れる被害が起きた。

 こうした状況を受け、発電事業者が、稼働後に定期的に除雪作業を行う方針を決めた。

 今冬の東北の発電所からの依頼と同じように、発電量の減少を抑えるとともに、太陽光パネルの破損を防ぐ目的を重視した除雪となる。

 Golden Leaf-Worksによると、このメガソーラーの隣接地には、宿泊可能な管理用施設が建てられ、そこに10人以上の除雪作業者や賄い料理人が常駐し、昼夜交替で除雪を続ける予定という。

 宿泊を前提としたのは、市街地からメガソーラーまでの道順に、地方自治体による除雪が間に合わず、通行できなくなる道が出てくる可能性があるためである。

 Golden Leaf-Worksでは、北海道でのネットワークを生かし、冬は出稼ぎに出ている北海道の農家から、北陸での除雪作業者を確保する予定としている。同じ機械を使うことで慣れた作業を長年にわたって続けられる利点があり、作業担当者にとっても魅力があるのではないかという。

 このメガソーラーでは、太陽光パネル下だけでなく、パネルの上も除雪する。パネル上の除雪には、非接触の除雪機を使う方針という。非接触でパネルから雪を吹き飛ばすような機能のある機種を使う予定としている。

  • 記事ランキング