特集

今冬の大雪で、太陽光向け除雪サービスに脚光、損壊防止も目的に

北陸では常駐で除雪する案件も

2018/06/20 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 2017~18年にかけての冬は、島根県から青森県までの日本海側などで、記録的な降雪が相次いだ。道路や鉄道で通行が長時間停止したほか、交通の遮断によって陸の孤島となった地域では、食糧や生活物資の入手が長期にわたって困難となった。

 太陽光発電所でも、多くの被害に見舞われた。パネルへの積雪で発電が停止しただけでなく、設計時に想定していた以上の積雪によって、架台やアレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)が倒壊したり、パネルが割れたりする被害があった。

 積雪地域のメガソーラー(大規模太陽光発電所)では、過去一定期間の年間最大積雪量や平均積雪量などを基準に、多少の余裕を持たせて設計することが多い。ある程度、想定外の積雪量であっても耐えられるようにアレイや架台、基礎などを設計する。

 ただし、今冬の日本海側で相次いだような「記録的な積雪」の場合、余裕をもって設計された発電設備であっても、余裕の度合いによっては損壊に至る場合も出てくる。

 稼働済みの太陽光発電所において、有効な積雪対策の一つが「除雪」である。実際に太陽光発電所を対象に、除雪作業を請け負う企業も登場している。その一つが、Golden Leaf-Works(東京都江東区)による、土木機械を使った除雪サービスだ(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●重機を使った除雪
アタッチメント(作業用の部材)を取り替えて使っている(出所:Golden Leaf-Works)

 同社の除雪サービスは、これまで北海道旭川市の拠点を中心に展開してきた。顧客となる太陽光発電所が、北海道の中部や東部を中心に立地しているためだった。

 ところが、今冬の日本海側を中心とする記録的な大雪の影響で、秋田県や青森県、岩手県など東北北部に立地する太陽光発電所からも、除雪の依頼が相次いだという。

 いずれも、発電量の減少を抑える目的とともに、太陽光パネルの割れや架台の倒壊など、安全面のリスクを最小に抑えるための依頼だった。最近では、こうした安全面を重視した依頼が増える傾向にあるとしている。

  • 記事ランキング