太陽光パネルの点検を、ドローン(無人小型飛行体)を使って効率化する取り組みは、これまで発電事業者やO&M(運用・保守)といった太陽光発電関連の事業者、または、ドローン事業者によるものがほとんどだった。

 太陽光発電、またはドローンに関する経験に強みがあり、太陽光パネルの点検を正確で、より効率的に実現することを目指し、技術やサービスを高めつつある。

 こうした流れとは、少し異なるケースも出てきた。例えば、土木の測量など、他の分野で先にドローンを使いこなし、そこに自社の太陽光発電事業で培った知見を加え、パネルの点検に応用していく例である。

 土木を中心とするゼネコン(総合建設会社)の昭建(大津市)では、こうした取り組みを、まず自社で運営しているメガソーラー(大規模太陽光発電所)ではじめた(メガソーラー探訪の関連コラム図1)。

図1●自社の石部ソーラー発電所におけるドローン飛行時の様子
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドローンによる太陽光パネルの点検は、他社へのサービスとして事業化していない。現時点では、技術検証の一環としつつ、近隣地域の他の太陽光発電所でも、実証を重ねている。

 同社の場合、ドローンはまず、本業の土木事業で使い始めた。土木では、計画立案前の測量の効率化や、工事中の顧客への進捗状況の報告などで、主に使われている。また、同社の千廣友次・執行役員 ソーラー事業部長が、個人でドローンを使いこなしていたこともあって、その応用先を土木から太陽光パネルの点検に広げていく発想が出てきたという。

 同社の太陽光発電事業では、自社で続けている月次点検の中に、パネルの目視点検を含んでいる。パネルの目視点検は、同社の出力約2MWのメガソーラーでは、約半日を要していた。この目視点検の作業を効率化したいと考えた。

 ただし、土木におけるドローンの応用と、太陽光パネルの点検への応用では、大きく違う点がある。土木への応用では、通常の可視光のカメラで空撮した画像を使うことが中心なのに対して、太陽光パネルの点検では、パネルの温度分布の把握が目的となるために、赤外線カメラで空撮した画像を主に使う。

 このために、これまでの土木で経験してきたドローン関連の技術や知見に加えて、新たな知見が必要になる。例えば、赤外線カメラに関する知識のほか、適切な飛行高度などである。具体的には、搭載する赤外線カメラの解像度に合わせ、1枚の画像で写せるパネルの枚数を多くしつつ、必要な画像の鮮明度を維持することが重要になる(動画1)。

動画1●結晶シリコン型パネルの温度分布動画(出所:昭建)

 空撮した温度分布の画像から、不具合の可能性が高い太陽光パネルを発見するノウハウについては、メガソーラーを2カ所運営していることで蓄積できていた。

 飛行については、あらかじめ飛行経路を設定しておき、現地では自動で飛行させている。