特集

ロボットが「草を踏んで」抑制、太陽光の雑草対策に新手法

「けもの道」にヒント、自律走行時の転圧で一定の草丈に

2019/01/10 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電所のO&M(運用・保守)で、意外に厄介なのが雑草対策である。放置しておけば、事業性や安全性を損なう。パネルよりも高く伸びれば、影で発電量が減る。繁茂した状態で、アーク(火花)などから草に引火し、燃え広がる恐れもある。

 害虫の生息源となったり、種子や花粉の飛散によって、周囲の居住環境を悪化させたり、適切に管理していないという印象を近隣に与えかねない。

 雑草対策には、(1)草刈機による除草(機械除草)、(2)化学薬剤(除草剤)の散布、(3)防草シートの敷設や砕石の積層、(4)シバ、クローバーなどの被覆植物の植栽、そして、(5)チップなど植物性資材の敷設――などがあるが、いずれも万能ではなく、複数の方法を組み合わせるなど、発電所の状況に合わせて適切な手法を探っていくことなる(関連コラム

 ここにきて、新しいタイプの手法が登場した。「上から踏む」など、雑草に強い圧力をかけ続けることで、伸びを抑えようというものである。

 一般的な草は、強い外的圧力がかかった場合、細胞の一部が崩壊し、これによって枯れたり、高さ方向への成長が抑えられたりする。この性質を利用する。

 ただ、この方法も万能ではない。ある高さまで刈り取りをした後、その高さを維持する目的で使うなど、「組み合わせ型」の雑草対策の一つとなる。

 現在、この方法には、二つのタイプが提案されている。一つは、自走式のロボットが敷地内を移動しながら加圧し続ける手法。もう一つは、高圧洗浄機を使って重曹を勢いよく放射し、草をなぎ倒して損傷させる手法である。高圧洗浄機を使う手法で重曹を使うのは、草の細胞をより効果的に破壊させるためだ。

 今回は、一つ目の「自走式のロボットが敷地内を移動しながら加圧し続ける手法」を紹介する。太陽光発電関連を幅広く手がけるベンチャー企業である、フィールド開発(宇都宮市)が開発し、2019年春の販売開始を予定している(図1)。

図1●半年間、自動で走行して雑草を踏み続ける
(出所:フィールド開発)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング