特集

「福島プライド」で世界を目指すアンフィニ(page 2)

トラブルを乗り越え、楢葉町の新工場が本格稼働に

2018/01/24 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
印刷用ページ

多国籍の製造装置を組み合わせ

 同社では、栃木県大田原市の工場で年間に約80MWの太陽光パネルを生産しており、国内での自社生産で製品設計や製造ノウハウを積んできた。新工場の稼働で、生産能力は3~5倍になる見込みだ。同社のパネル事業では、海外大手メーカーにはない特徴的なパネルの開発・製造や、固定価格買取制度(FIT)の後を睨んだ自家消費市場などを想定した販売戦略を立てており、新工場もそれに対応したもの。

 海外からセル(発電素子)を調達し、福島の新工場でパネル(モジュール)に組み上げる。複数のセルを電極で直列・並列の回路を形成し、封止材とガラス、バックシートを積層してラミネートし、四辺の端をフレームでカバーする。フルオートメーションの最新鋭の製造装置を導入した(図3)。

図3●福島工場の製造ライン
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光パネルの製造工程は、ガラスに直接、積層する薄膜系については早くから自動化されてきたが、セルを配線しラミネートする結晶シリコン系についても、自動化装置の開発が進んでいる。いかに最新の自動化設備を導入してトータルの製造プロセスを効率化するかが、パネルの競争力を左右する面が強まっている。

 アンフィニの福島工場でも、各製造工程で定評のある最新設備を導入した。結果的に日本メーカーに加え、中国、台湾など複数メーカーの装置を組み合わせることになった。こうしたマルチベンダーの製造機械を1つのラインとして最適化することも、微調整などに手間取った要因となった。

  • 記事ランキング