ヘルスケアスタートアップ10社、熱いピッチで競演

DeNAと武田薬品工業、第一三共が開催したデジタルヘルスイベント

2016/08/09 19:30
小口 正貴、近藤 寿成=スプール

 ディー・エヌ・エー(DeNA)、武田薬品工業、第一三共が共同で開催したデジタルヘルス分野のミートアップイベント「D2T Meetup -Digital Health-」(2016年7月24日に開催、関連記事1関連記事2)。新進気鋭のヘルスケアスタートアップ10社が、熱のこもったピッチを繰り広げた。

 今回のイベントは、デジタルヘルスのムーブメントを民間から盛り上げ、「スタートアップが大成功する事例を作りたい」(DeNA 取締役会長の南場智子氏)という思いが込められている。日曜日にもかかわらず会場は満席となり、質疑応答が活発にやり取りされるなど、ヘルスケアスタートアップに対する注目度の高さをうかがわせた。

DeNA 取締役会長の南場智子氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 ピッチに登壇したスタートアップは以下の通り(発表順)。

iCARE
クオリア
Kids Public
メドケア
PREVENT
リーズンホワイ
ウンログ
H2L
キュア・アップ
エルピクセル

 チャットによる遠隔健康相談をはじめ、人工知能を用いた診断ソフトウエア、リハビリ対策のハードウエア、排便管理サービスなど、その顔ぶれは実に多彩。以下、順を追ってその内容を紹介していく。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング