化粧品や住宅メーカーもヘルスケア展示、CES続報

2019/02/12 07:00
宇野 麻由子=日経 xTECH

 2019年1月8日~11日に米ラスベガスで開催された、米国最大のコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2019」では、化粧品や住宅メーカーなどからもヘルスケア関連の展示があった。センサーで皮膚の健康状態を調べて最適な製品を推奨する化粧品メーカーの展示や、居住者が脳卒中などになった際に救急車を呼ぶ住宅用システムなどに注目が集まっていた。日経 xTECHからCES 2019のヘルスケア関連記事をダイジェストで紹介する(関連記事)。

ロレアルが貼る皮膚pHセンサー

皮膚に貼るセンサーとスマートフォンアプリを連携させて使う(写真:日経 xTECH)
クリックすると拡大した画像が開きます

 フランスの化粧品大手ロレアル(L'Oreal)は、皮膚のpHを調べるための皮膚に貼る使い捨て式センサーシステム「My Skin Track pH」をCES 2019で展示した。微量の汗のpHによりセンサーの色が変化し、それをスマートフォンのアプリで読み取って判定する。2019年内に同社が提携する皮膚科医の一部に導入される予定で、将来的には一般消費者へ販売することを目指す。

 同社によれば、皮膚のpHが一定範囲から外れると、皮膚の炎症反応を引き起こし、乾燥や湿疹、アトピー性皮膚炎といったトラブルを招いたり、悪化させたりする可能性があるという。こうならないように、まずは皮膚のpHを測定し、先手を打とうというわけだ。

 ただし、従来の皮膚のpH測定器は大掛かりだったため、病院や研究機関などに出向いて計測する必要があった。開発したアプリは、pH測定値と皮膚表面の発汗速度を計測して、皮膚の健康状態を評価する。結果に基づいて、ユーザーごとに最適な製品を推奨する。対象となる製品ブランドは、皮膚科医などと連携して開発している、敏感肌など皮膚トラブルを持つ人に向けた化粧品ブランドを想定しているという(日経 xTECHの詳細記事)。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング