PHR活用、患者と医療者はどう向き合うべきか

恵寿総合病院の神野氏とCOMLの山口氏が対談

2018/01/29 08:30
増田 克善=日経デジタルヘルス

 診療情報開示義務の指針が示されて20年。本来、カルテ情報は患者の求めに応じて広く開示され、医療機関をまたいだ連携医療に生かされ、さらにはPHR(Personal Health Record)として患者自らの意思で管理・活用することができる。こうした時代において、医療者や患者は情報にどう向き合うべきなのか――。

 こうしたテーマの下で、メディカル・データ・ビジョン(MDV)は2018年1月17日、「患者がカルテを管理する時代」と題した座談会を開催した。パネリストとして、社会医療法人財団 董仙会恵寿総合病院理事長の神野正博氏と、認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏が登壇した。

董仙会理事長の神野氏(右)とCOML理事長の山口氏(左)
クリックすると拡大した画像が開きます

「次の時代はPHRだ」

 恵寿総合病院は、患者自らが診療情報の一部をスマートフォンなどで閲覧できるサービス「カルテコ」を2017年9月に導入。患者への診療情報の積極的な開示を開始している(関連記事)

 恵寿総合病院の神野氏は、「2011年に内閣府IT戦略本部が設置した医療情報に関するタスクフォースに呼ばれたとき、『どこでもMY病院構想』の中で既にPHRの話が出ていた。そのときに次の時代はPHRだと思った」と当時を振り返る。

董仙会理事長の神野氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 どこでもMY病院構想は、個人が自らの医療・健康情報を医療機関などから受け取り、それを自らが電子的に管理・活用するというもの。まさに、PHRによるデータ利活用の仕組みだ。その後、構想は実現されずに現在に至るが、「本人の責任で情報閲覧や共有を許可する仕組みはありだと考えていた」と神野氏は語る。

 もっとも、「診療情報は患者のもの」(神野氏)。そのため、「自分の情報を自ら管理できなくてどうするのかという思いがある」と同氏は言う。

患者に求められる“覚悟”

 一方、COMLの山口氏は神野氏の意見に同意しつつも、次のように指摘する。「診療情報は自分(患者)のものであるが、理解できないのが現実。診療データを開示する時代になったからと言って、一般の人が率先して自らのデータを手にし、読み解いて管理しようと思っているかというと、そうでないと思う」。

COML理事長の山口氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 さらに、診療情報の開示とともにインフォームド・コンセントが当たり前に行われるようになったのに対し、「患者は自ら重要な決断をしなければならないことを忘れている気がする。患者と医療者のお互いが成熟しないと、診療情報を自分のものとすることは難しい」と山口氏は語る。患者と医師が同じ目的に向かって“協働”するために、より良いコミュニケーションが大切だと強調した。

 これに対して神野氏は、カルテコで患者が自らの診療データを手にすることの意義は、患者と医療者のコミュニケーションを促進することだとした。「これまでも検査結果を渡すときに患者と話してきたが、カルテコは持ち帰って復習できるし、信頼できる薬剤師などに見せて説明や助言を得ることができる。医療者とのコミュニケーションの材料として役立つ」(同氏)。

 その上で神野氏は、チーム医療は医療者だけが連携・協働することに留まらないことを強調した。「患者もチームの一員として自立的に治療に参加することが大切。その“覚悟”を持っていただきたい」(同氏)。