お薦めトピック

VRで名医の手術を体験、J&J

医療研修用のVRコンテンツを開発

2018/11/06 07:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 いつでもどこでも名医の手術を体験できる――。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーは、そんな医療研修用のVRコンテンツを開発すると2018年11月5日に発表した。VRを活用した人材育成ソリューションを手掛けるジョリーグッドと共同で手掛ける。

 同日開催した記者発表会では、その第1弾として作成した、心房細動の治療法である「カテーテルアブレーション」のVRコンテンツを紹介した。今回のコンテンツでは、ヘッドマウントディスプレーを装着するだけでカテーテルアブレーションに精通した術者と同じ視点で手術を体験することができる。コンテンツを作成するために、医師が手術している様子を高精度360度カメラで撮影し、実際の医療現場にいるような臨場感のある映像を実現した。

作成したVRコンテンツ
クリックすると拡大した画像が開きます

 これまで、他の医師の手技を学ぶためには、時間を割いて見学に行かなくてはならなかったが、医師が業務の合間を縫って遠方を訪ねることは難しかった。他の医療機関を訪ねても、衛生上の問題から間近での見学が難しかったり、手術室の大きさの問題から一度に見学できる人数が限られてしまったりしていた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーの長谷川聡史氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 今回作成したコンテンツを使用すれば、自分の時間が空いたときに場所を選ばずに研修を受けることができる。術者の真横にカメラを設置して手術を撮影したため、間近で手術を体験することを可能にした。「名医の横に立って手術を見学しているような体験ができる」とジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー バイオセンス ウェブスター事業部 マーケティング部 プロダクトマーケティング Txグループ マネジャーの長谷川聡史氏は言う。

 さらに、今回のコンテンツ作成には、映像に登場する医師が編集に携わり、VR動画に合わせて解説を加えた。手技を行う上で注意すべきポイントなど詳細な解説を受けることができる。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング