お薦めトピック

マヨネーズのキユーピーが医療機器ビジネスに参入

内視鏡用粘膜下注入材を11月に発売

2018/10/29 07:00
河合 基伸=日経 xTECH

 キユーピーが医療機器ビジネスに参入する。内視鏡用粘膜下注入材「ケイスマート」を2018年11月1日から販売すると発表した。商品設計と開発はキユーピーが手掛け、製造は医療機器メーカーに、販売はオリンパスに委託する。既に次の医療機器の開発にも着手しており、2022年ごろに医療機器全体で4億円の売り上げを目指す。

左からキューピー執行役員の高宮満氏、同営業部部長の吉田一也氏。
クリックすると拡大した画像が開きます

 ケイスマートは胃や食道、大腸などの消化管の粘膜層に留まる早期がんなどの病変を通電しながら切除する「内視鏡的粘膜下層剥離術」や「内視鏡的粘膜切除術」といった術式で使用される医療機器。ケイスマートに含まれるヒアルロン酸ナトリウム溶液が、粘膜の下に留まり粘膜層と筋層を分け、病変部位の切除や剥離の操作性の向上をサポートする。

ケイスマートが粘膜の下に留まり粘膜層と筋層を分ける
クリックすると拡大した画像が開きます

 これまでキューピーは医療用原料を製造して製薬会社に供給してきた。今回新たなビジネスとして、ヒアルロン酸を原料とする医療機器の商品企画と開発を手掛けた。第2段となる医療機器の開発にも着手しており、2020~2021年の発売を予定する。さらに2028年以降に次の医療機器を発売していく。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング