お薦めトピック

本庶氏の会見、日本の製薬企業に対する懸念にも言及

「PD1ノックアウトマウスの実験が転機に」

2018/10/02 11:00
久保田文=日経バイオテク
出典: 日経バイオテクONLINE,2018年10月2日 , (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)
記者会見に応じる京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏
クリックすると拡大した画像が開きます
安倍晋三首相からの電話(中央にスピーカーフォンあり)に笑顔で応じる本庶佑氏と京都大学の山極寿一総長
クリックすると拡大した画像が開きます

 京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏のノーベル生理学・医学賞の受賞決定を受け、2018年10月1日、京都大学は記者会見を開催した(速報ニュースはこちら)。本庶氏は、記者との一問一答の中で、日本の製薬企業に対する懸念や出口志向の強まっている国の研究費への危機感にも言及した。

 ノーベル財団は、同日、2018年のノーベル生理学・医学賞を本庶氏と米MD Anderson Cancer CenterのJames Patrick Allison氏に授与すると発表した。本庶氏の研究成果は、小野薬品工業の抗PD1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)の創製に、Allison氏の研究成果は、米Bristol-Myers Squibb社の抗CTLA4抗体の「ヤーボイ」(イピリムマブ)の創製につながっており、近年の癌免疫療法の広がりの端緒となる研究成果を出したことが認められた。

 記者会見で本庶氏は、受賞について「大変幸運な人間だと思う」とした上で、「1992年のPD1の発見とそれに続く極めて基礎的な研究が、新しい癌免疫療法として実用化された。その治療法によって重い病気から回復し、元気になった方々から『あなたのお蔭だ』といわれると、本当に意味のある研究をしたと実感している。今後も癌免疫療法でより多くの患者が救えればと思っている。基礎研究が臨床、医療に結びつき、多くの成果につながれば、望外の喜びだ」とコメントした。

 本庶氏と記者との一問一答は以下の通り。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング