• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

サントリーがFiNCとタッグ、「特茶」で仕掛ける生活改善

2018/09/05 10:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 サントリー食品インターナショナルは、特定保健用食品「伊右衛門 特茶」の500mLペットボトル商品を対象にした生活習慣サポートサービス「特茶プログラム」を2018年9月10日から実施する。同社が同年9月に始動した、飲料を通じて健康寿命延伸への貢献を目指す「100年ライフ プロジェクト」の一環として行うものである。

(左)THF 代表取締役社長で筑波大学 名誉教授の田中喜代次氏、(中央)サントリー食品インターナショナル 執行役員 戦略企画本部長の沖中直人氏、(右)FiNC 代表取締役社長CEOの溝口有児氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 特茶プログラムは、特茶と食事や運動を組み合わせ、日々の習慣を変えていくプログラム。具体的には、(1)特茶スマートアプリ×FiNC、(2)特茶プレミアムコーチング、の2つのコースを展開する。

ヘルスケアアプリ「FiNC」画面イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 (1)の特茶スマートアプリ×FiNCは、デジタルヘルスベンチャーであるFiNCが提供するヘルスケアアプリ「FiNC」を使って生活習慣の改善を促すサービスだ。2018年9月10日以降、特茶を購入した先着100万人に提供する。

 FiNCアプリの基本機能である食事や運動、睡眠のデータ記録に加え、特茶スマートアプリ独自の動画やレシピ、おすすめのエクササイズ方法なども配信する。ターゲット層である「社会人男性にも取り入れやすい」とサントリー食品インターナショナル 執行役員 戦略企画本部長の沖中直人氏は意気込む。

 (2)の特茶プレミアムコーチングは、健康支援事業のコンサルティングサービスを行うTHFが手掛ける「スマートダイエットシステム」の手法を活用したコーチングを提供する。食事や運動の知識を持つパーソナルトレーナーが、特茶の継続飲用を含めた食事や運動のサポートをするプログラムである。

特茶プレミアムコーチングの概要
クリックすると拡大した画像が開きます

 プログラム開始時には、特茶3ケースと体組成計、運動用シューズの割引券も提供。飲用によって体脂肪の改善を図る狙いだ。特茶を30本購入した人のうち、抽選で500人に2019年1月中旬から3月までの期間、プログラムを提供する。

 この他、100年ライフ プロジェクトでは、久山町研究を推進する九州大学との共同研究や、弘前COIにおける共同研究講座「ウォーターヘルスサイエンス講座」の開設を行っていく。こうした外部専門組織との研究で得られた知見を活用して、脂肪対策に限らない商品の開発を進めていく考えだ。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング