• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

ALS患者がDJに、音楽フェスに行ってきた

「JINS MEME」を活用して目の動きで操作

2018/06/25 08:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者が、目の動きだけで音楽と映像を自在に操る――。2018年6月19日に開催された音楽フェス「MOVE FES.2018 Supported by Hard Rock Experience」では、そんなパフォーマンスが繰り広げられた。

音楽フェスの様子。武藤氏のVDJに合わせて音楽ユニット「DefTech」などが楽曲を披露した
クリックすると拡大した画像が開きます

 この音楽フェスは、ALSに対する理解を広げるための活動を行っている一般社団法人WITH ALSが開催したもの。パフォーマンスを披露したのは、自身もALSと闘うWITH ALS 代表理事の武藤将胤氏だ。実は武藤氏は、2015年から「EYE VDJ」として活動を行っている。EYE VDJとは目の動きだけでVJ(ビデオジョッキー)およびDJ(ディスクジョッキー)として映像と音楽を操作する人のことである。

武藤氏がVDJを行っている様子
クリックすると拡大した画像が開きます
モニターに眼球運動で「JINS MEME」を操作する様子が映し出されていた
クリックすると拡大した画像が開きます
EYE VDJである武藤将胤氏のパフォーマンス

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング