お薦めトピック

これが「ソニーの介護」第2幕(page 5)

“ソニーらしさ”や“浦和を選んだワケ”に迫る

2017/04/26 05:00
小口 正貴=スプール

今後の展開は…

 ホーム内には入居者用の理美容室も備え、1階のグランドダイニングには立派なグランドピアノを設置。ソナーレ祖師ヶ谷大蔵同様、地域に開かれた場所として共用部を活用してもらうことを予定している。「閉じこもると社会性を失ってしまい、メンタルの衰えにつながる。最初から地域につながることを目的にしたわけではないが、Life Focusを突き詰めたら場を有効活用したほうがいいとの考えに至った」(出井氏)。

ホーム内には理美容室もある
クリックすると拡大した画像が開きます
ダイニングに置かれたグランドピアノ
クリックすると拡大した画像が開きます

 今後の新設に関しては、「いたずらに量を求めずに質を担保していく。当面は年に1、2棟のペースだろう」と答えた出井氏。高齢者住宅の世界でもソニーらしさが花開くのか、これからの動きにも目が離せない。

■変更履歴
記事初出時、2ページ目で1カ所「出井氏」の表記が間違っていました。お詫びして訂正します。記事は修正済みです。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング