8K技術の腹腔鏡手術システム、国がんなどが臨床試験

40代女性を対象にした結腸がんの手術を実施

2018/03/14 17:40
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 国立がん研究センターなどは2018年3月14日、大腸がん患者を対象に、8Kスーパーハイビジョン技術(8K技術)を用いた腹腔鏡手術システムの臨床試験を開始した。同日、初めての症例となる40代女性を対象にした結腸がんの手術が行われた。

8K腹腔鏡手術システムを使った手術の様子(画像提供:国立がん研究センター)
クリックすると拡大した画像が開きます
国立がん研究センターの塚本俊輔氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 この手術を執刀した国立がん研究センター 中央病院 大腸外科 医員の塚本俊輔氏は、「きれいな映像で手術を行うことができ、手術の質が向上した」と語る。8K技術により、「髪の毛ほどの細さの血管も明瞭に見ることができたため、手術中の出血量はわずか5mLに抑えられた」(同氏)という。

 今回の臨床試験の開始は、国立がん研究センターの他、NHKエンジニアリングシステム、オリンパス、NTTデータ経営研究所が共同で発表したもの。日本医療研究開発機構(AMED)による「8K等高精細映像データ利活用研究事業」の支援によって開発した腹腔鏡手術システムを使用する。国立がん研究センターでは今後、2017年度に2例、2018年度に23例の手術を行う予定である。安全性や有用性を確認した後、先進医療での実用化を目指す。

8K腹腔鏡手術システムの全体像
クリックすると拡大した画像が開きます

全体像と拡大映像をそれぞれモニターに表示

国立がん研究センターの金光幸秀氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 腹腔鏡手術の件数は近年急速に増加しており、「大腸がん手術の60%以上が腹腔鏡下手術で行われている」と今回の研究代表者である国立がん研究センター 中央病院 大腸外科長の金光幸秀氏は話す。しかし、腹腔鏡手術はモニターに映像を映し出して手術を進めるため、画質が手術の質に影響したり、手術操作の制限や死角が発生したりといった課題があった。開腹手術に比べて術中に患者の臓器を損傷する確率が高いことも分かっているという。

8K内視鏡で撮影した映像。国立がん研究センターの手術室内にて
クリックすると拡大した画像が開きます

 今回使用する8K技術を採用した腹腔鏡手術システムは、一般的に腹腔鏡手術で使われている2K技術に比べてより高精細な映像を得ることができる。そのため、固定カメラで常に全体像を撮影しているだけで済み、拡大したい部位がある場合は全体像の一部を切り出して拡大すれば良い。従来の腹腔鏡では、ある範囲を拡大して見たい場合にはカメラを患部に近づける必要があったため、狭い術野でカメラと手術器具が衝突することもあったという。

 手術室には2つのモニターを設置している。全体像と患部の拡大映像を別々のモニターに表示させ、それをリアルタイムに見ながら手術を進めることができる。

(左)ある範囲を拡大した映像と(右)全体像。2つの映像をリアルタイムに見ながら手術することができる
クリックすると拡大した画像が開きます

 従来はカメラを動かすために執刀医を含めて3人の医師が必要だったが、固定カメラを使用する今回のシステムでは2人の医師で手術を行える可能性がある。「新しいシステムの操作をいち早く習得し、外科医不足の解消につなげられれば」と塚本氏は展望する。