• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

「防草だけじゃもったいない!マルチで環境改善を」、緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・前半)(page 4)

メガソーラービジネス・インタビュー

2017/08/31 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
印刷用ページ

特産品を使って地域と共存共栄

――北海道では、ホタテの貝殻を敷いて雑草を抑制しつつ、地表からの散乱光を増やす試みもあります。

伊藤幹二氏
(マイクロフォレスト リサーチ代表)

伊藤(幹) 有機マルチ資材には、廃材チップや竹チップ、オガ屑や稲ワラ、芝生刈りカス、牡蠣やホタテなどの貝殻、コーヒー殻や茶殻などの残渣系のものも使えます。こうした資材は、地域の一次産業などから排出されるものです。残渣系資材をうまくマルチとして使いこなせれば、安く手に入るし、一次産業の事業者にとっても助かるはずです。

 有機マルチ資材を活用し、防草効果を持続させるためには、ある程度の厚みが必要で、定期的に補充する必要もあります。農林業や食品工場などから排出される残渣系の資材を定期的に低価格で調達できれば、地域の産業と共存共栄できます。メガソーラー産業が、地域の活性化に貢献できるのです。

 日本では、剪定枝や雑草やシバの刈りカスなどを焼却するのが当たり前になっていますが、欧米では、炭素が固定された有機廃棄物は極力、燃やさず、マルチ資材として長く利用することが、環境対策の面からも奨励されています。

――そもそも有機マルチ資材が防草効果を発揮するのは、なぜですか。

伊藤(操) マルチ資材で地表を覆うと、可視光を反射・吸収するので、もともと地中にあった雑草種子の発芽を阻害しますし、発芽しても生育を抑制します。被覆後は、新たな種子を地表面から遮断する効果もあります。

 加えて、資材から溶出する物質によっては、雑草の生育を阻害します。これを「アレロパシー効果」と呼びます。

  • 記事ランキング