• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

「防草だけじゃもったいない!マルチで環境改善を」、緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・前半)(page 2)

メガソーラービジネス・インタビュー

2017/08/31 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
印刷用ページ

「防草」だけでないマルチの効用

――今回のテーマは、「マルチ(土壌被覆資材)」によるメガソーラーの雑草管理ですが、「マルチ」という呼び方は、一般にはあまり使われません。

伊藤幹二氏
(マイクロフォレスト リサーチ代表)

伊藤(幹) 「マルチ(Mulch)」とは、土壌の表面を覆うことによって、地表の環境を改善する技術です。農業では、作物に適した環境を作ることが目的になりますが、営農以外でも幅広く使われ、防草効果のほか、多くの利点があります。太陽光発電所を対象にした場合、主に3つの効用が挙げられます。「保水効果」による土壌の固化防止、「地表高温化の抑制」、そして、「雑草発生の抑制」です。

――「防草シート」もマルチの1つになるのですか。

伊藤(幹) マルチ資材はまず大きく、有機資材と人工資材に分けられます(図1)。詳しくは、後述しますが、「有機マルチ資材」には樹皮や木材チップ、稲ワラなど、「人工マルチ資材」には、不織布シートや砕石、アスファルトなどがあります。いわゆる「防草シート」として販売されているのは、人工マルチ資材の不織布や織布のことです。

図1●マルチ資材の種類(出所:緑地雑草科学研究所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 今回のインタビュー記事で、「マルチ」という用語をまず前面に出し、「防草シート」をその1つであると強調したのは、「防草シート」というと、どうしても雑草を抑制する機能だけに焦点が当たってしまうからです。

 せっかくマルチ技術の手法を使うならば、マルチ資材の多くが持っている、保水効果や高温抑制の効果をうまく活用することが、メガソーラー事業全体にとって得策ですし、発電所の開発に伴う緑地の消失、環境負荷の増大をある程度、抑制できます。機械除草や除草剤にはこうした機能は期待できません。雑草対策のなかで、環境負荷を低減する効果のあるのは、被覆植物(カバープランツ)、そしてマルチだけです。

これはメーカーの販売戦略によるのですが、「防草シート」というと、こうしたマルチ技術の多機能性が見過ごされてしまいます。それではもったいないと思うのです(図2・図3)。

図2●有機マルチ資材であるスギ類チップを敷いた例(出所:保土谷UPL・角龍市朗氏)
クリックすると拡大した画像が開きます
図3●人工マルチ資材である砂利を敷いた例(出所:保土谷UPL・角龍市朗氏)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング