特集

「草刈りは回数で決めない。草高30cmを基準に」。緑地雑草科学研究所に聞く(第7回・前半)(page 2)

メガソーラービジネス・インタビュー

2018/06/14 05:00
金子 憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

草の刈り取りは「除草」ではない

これまで雑草管理の手法として、除草剤、カバープランツ、マルチを取り上げました。こうした複数ある防草手法の中で「刈り取り」はどのように位置づけられますか。

緑地雑草科学研究所の伊藤幹二氏
(マイクロフォレスト リサーチ代表)

伊藤(幹) すでにこのコラムで繰り返し強調してきましたが、まず、雑草管理には「これが一番良い」というような方法はありません。事前調査によって、その用地区分や雑草の管理目的、環境リスクなどに対応した最適なプログラムを作ることが必要です。それは、ほとんどの場合、複数の手法を組み合わせていくことが効果的になります。

 残念ながら、日本では雑草管理に関し、「伸びてきたら刈ればよい」との安易な考え方が多く、全国で膨大な量の雑草が機械除草によって刈り取られています。その量は、自治体の管理する道路、河川、公園だけで年間190万t(乾草重)を越えます。

 しかし、「刈り取り単独の雑草管理」は、コスト的に最も高くつく手法であり、費用対効果に乏しいというのが、欧米先進国の雑草管理では一般的な評価になっています。加えて、刈り取った草は、外に持ち出せば産業廃棄物になります。

国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)でも、刈り払い機などの機械除草が最も多く採用されています。

伊藤(幹) 雑草管理の「目的」と「手段」を混同していることが根底にあります。メガソーラーにおける雑草防除の目的は、第一に草の影で発電量を減らさないこと、つまり「経済的な実害発生の防止」、第二に雑草に起因する害虫や種の飛散など、「環境的な実害拡大の抑制」のはずです。本来、こうした目的に沿って、除草剤、カバープランツ、マルチ、そして、刈り取りの特徴を生かし、科学的に対処するのが理想です。

 そもそも、雑草の刈り取り作業は、本質的な意味で「除草」ではありません。刈り払い機などの機械除草でできることは、雑草の地上部を一時的に除去したり、草高を一律に揃えたりするだけです。それは、雑草の「根絶」や「防除」とは違います。

  • 記事ランキング