――「防砂効果」には、どのような需要を見込んでいますか。

Grimberg まず、砂漠地域向けです。こうした地域では、数百MW~GWクラスという、世界的にも規模の大きな太陽光発電所が多く計画されています。砂漠での超大型案件は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国における出力約1.177GWの「ギガソーラー」に代表され、中東や中国、インド、米国などの地域で計画が進んでいます。

 砂漠では、風に飛ばされた砂塵が、太陽光パネルを覆いやすい環境にあります。雨が少ないので、日本のように雨水でパネルの汚れが落ちる効果には、あまり期待できません。

 このため、太陽光パネルを洗浄し、発電量の減少を防ぐ運用が増えています。

注:例えば、アブダビ首長国における出力約1.177GWの「ギガソーラー」では、水を使わないロボットで太陽光パネルを洗浄し、発電量の減少を最小化する運用を計画している(関連インタビュー)。  また、香川大学の研究者が中心となって創業したベンチャー企業、未来機械(高松市)も、中東やインドで受注実績や引き合いが多いことを明らかにしている(関連コラム1同コラム2)。

――住宅用の太陽光パネル向けには、パネル表面が黒く見えるコーティング材も実用化したようですね。

Grimberg これまでの反射防止用コーティング材は、ガラス表面を透明のままとし、反射防止効果をガラス表面に加えていました。

 新たに住宅用に開発した製品は、この反射防止効果を維持したまま、ガラス表面は透明ではなく、黒っぽく見えるようにしました(図2)。「屋根材と一体的に見える黒さによって、太陽光パネルが目立たない景観」を実現できます。欧米では、こうした見た目を重視する住宅のユーザーが増えてきているのです。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図2●表面を黒くできる反射防止コーティング
(出所:DSM社)

 通常は、青や紫の系統の色に見える結晶シリコン型のセル(発電素子)は、これまでの透明な反射防止コーティングを施したガラスでは、セルの色が目立ってしまいます。これを嫌がる需要を満たすために、反射防止コーティングの選択肢を増やしました。