【鬼怒川氾濫】架台が分解しなかった低圧、脆弱だった高圧の差はどこに