今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回、紹介するのは、太陽光発電所において、小型のパワーコンディショナー(PCS)の固定が危うい例である。

 小型PCSの設置に際しては、架台の後ろや太陽光パネル高部の下に、固定用の部材を取り付け、十分な安定性を確保して筐体を固定することが多い。集中型のPCSを採用した太陽光発電所で接続箱を固定しているのと同じような場所と方法で固定されている。

 ところが、この発電所では、PCSは、架台に寄り掛けるようにして置かれていただけだったという。

 確実に固定されているわけではないので、少し触っただけで、カタカタと音を立てて揺れ動く(動画)。

動画●架台から揺れ落ちそうなパワコン

 架台に固定されてはおらず、寄り掛かっているだけである。では、どこに置かれているのか。