今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回、紹介するのは、太陽光発電所において、パワーコンディショナー(PCS)が「爆発」した例である(図1)。この発電所は出力が数百kWで、高圧配電線に連系している。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●爆風で内側から吹き飛んだPCS
内部がむき出しになっている一方、燃えた跡はまったく見えない(出所:エネテク)
[画像のクリックで拡大表示]

 この太陽光発電所は、点検や調査について、エネテクが担当する方向で協議していた。

 その協議中に、電気主任技術者から発電事業者に、「PCSが爆発した」という報告が入った。現地から送られてきた画像を見ると、PCSの一部が吹き飛んで内部までむき出しになっている状態で、画像を見ただけでも、何か強い衝撃を受けたことが推察できた。

 エネテクによると、この爆発は、PCSに生じた問題によるものではないと推測され、PCSにはまったく非がない現象という。