• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
トラブル

シカが侵入、太陽光パネル上に乗って破損

エネテク 第16回

2018/08/17 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 国内各地の森林や里山で、近年、シカが急激に増えている(図1)。個体数の増加に伴い、木の皮をはがす、木の芽や草を食べつくすなど、食害による生物多様性への影響が深刻化している。人里に近づいて、農作物を食べるといった被害も相次いでいる。

図1●神奈川県内の山で遭遇したシカ
太陽光発電所内ではない(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 シカは、太陽光発電所に侵入することもある。

 シカは、跳躍する能力が高い。高さ1.8mといったフェンスを外周に設置していても、フェンスの外側が斜面で、上っていくような地形など、周辺環境や設置の状況によっては、フェンスを飛び越えて敷地内に侵入してくることがある。

 また、フェンスに隙間が空いていると、そこから侵入してくることもある。

  • 記事ランキング