今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 点検時に多く発見するトラブルの一つに、太陽光パネルを直列や並列に接続したストリングにおける、「太陽光パネルの接続間違え」があるという。

 例えば、設計とは異なる枚数で太陽光パネルを接続している場合や、コネクタのプラス、マイナスの極性を逆に接続している場合、さらには、一部のパネルの接続を忘れることで、設計よりも少ない枚数で接続している場合などがある。

 まず、結晶シリコン型の太陽光パネルを導入した発電所の例を紹介する。

 結晶シリコン型パネルは、直列に接続して接続箱やパワーコンディショナー(PCS)に発電電力を入力する。この直列の接続で設計と異なっている場合がある。

 とくに、一つのアレイ(太陽光パネルを架台に設置する単位)内だけで直列接続が完結せずに、ほかのアレイまでまたいで直列に接続している「渡りケーブル」の場合、接続の作業が複雑になることから、接続の間違えが起きやすいという。

 エネテクが点検を担当した太陽光発電所の例では、開放電圧を測定した際に異常が見られたことをきっかけに間違いを見つけた(図1)。

図1●アレイをまたいで直列接続されている
電圧が所定の約半分のストリングを発見(出所:エネテク)
[画像のクリックで拡大表示]

 この発電所では、ストリングは6枚と8枚の2種類で構成されていた。このうち8枚で構成されているストリングの中に、本来であれば開放電圧が約280Vのはずなのに対して、約140Vとほぼ半分に低下している回路があった。

 この原因を探っていくと、まず太陽光パネルの直列接続が、アレイ内で完結せずに、複数のアレイをまたいで接続する構成となっていた。「渡りケーブル」の例となる。