• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
トラブル

「メガソーラーの反射光で熱中症!?」、姫路訴訟のてん末

「受忍限度」を超えていたか否かで攻防、和解に至らず

2018/05/16 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

「太陽光パネルの反射光と反射熱によって、平穏な日常生活を脅かされた」として、兵庫県姫路市の男性が、約1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「姫路ソーラーウェイ」の開発支援事業者であるJAG国際エナジー(東京都千代田区)に対し、パネルの一部撤去と330万円の損害賠償を求め、2015年9月、神戸地裁姫路支部に提訴した。

提訴から約2年で「取り下げ」

 この訴訟事件では、「太陽光パネルの反射で室温が50度超す」「ソーラーパネルからの反射光で熱中症」――などの見出しで、新聞各紙が報じたこともあり、全国的に注目された。

 裁判では、2015年11月16日に第1回口頭弁論があり、2016年1月半ばに双方から答弁書が提出された。その後、同年5月以降、約2年にわたって書面を通じて、双方の言い分とそれに対する反論が繰り返された(図1)。

図1●訴訟の舞台となったメガソーラー
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 こうしたなか2017年7月、双方とも和解について検討することになったものの、同年11月30日に原告が「都合により訴えの全部を取り下げる」と申し出て、被告側もこれに同意した。その結果、判決や和解に至ることなく、「取り下げ」という形で終結した。

 今回の「トラブルシューティング」では、裁判記録を基に、提訴から取り下げに至るまでの経緯を振り返る。そして、この分野に詳しい森田桂一弁護士(西村あさひ法律事務所)から、なぜ、「取り下げ」という形で終結したのか、など今回の裁判を解説してもらった。加えて、太陽光パネルからの反射光に関する調査を行うフルアイズ(神奈川県伊勢原市)の古島終作代表による、原告宅への入射光シミュレーションと室温影響の分析結果を紹介する。

  • 記事ランキング