今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)を担う中で遭遇してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光の施工も多く担当してきた。O&Mでは、点検時に原因の分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 第5回は、いくつかのトラブルが同時に起きていた太陽光発電所の例を紹介する。関西にある太陽光発電所で遭遇した。

 この太陽光発電所の点検を請け負うことになり、現地に向かった。そこでまず驚かされたのは、太陽光パネルが、土に埋まっている場所があることだった(図1)。

図1●土に埋まった太陽光パネル
斜面ギリギリに配置し、設置後に何らかの理由で埋まったとみられる(出所:エネテク)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光パネルは、斜面に単管パイプを使って設置されていた。設置後に、なんらかの理由で斜面が沈む、あるいは、単管パイプによる固定状況が変わるといった状況が生じ、太陽光パネルが地面の方向に引っ張られ、土に埋もれるような状況になったようだ。