スネイルトレイルの特徴として、現時点では、結晶シリコン系のパネルでのみ、発生が確認されている(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2●結晶シリコン系パネルのみで発生が確認
発電開始後、数カ月~1年間という比較的早期に発生する。上は、稼働後約1年間で発生した岩手県にある太陽光発電所における例(出所:上は日経BP、下はケミトックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、太陽光が照射されない、室内などの環境で保管されていたパネルには発生していない。さらに、発電開始後、数カ月~1年間という、比較的早い時期に発生する。