探訪

「震度6強」を乗り越えた111MWのメガソーラー、北海道安平町で順調に再稼働

損傷は「軽微」も、再連系までに2週間を要す

2018/12/18 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

震度6強に見舞われた安平町

 2018年、日本列島は記録的な勢力を維持した台風や豪雨、そして地震に襲われ、太陽光発電所も被災した。北海道で9月に起きた大地震では、震源地域に国内有数の規模を持つメガソーラー(大規模太陽光発電所)があった。今回のメガソーラー探訪では、この発電所が巨大地震をいかに乗り越えたのかを、レポートする。

 9月6日に北海道で発生した最大震度7の地震は、胆振(いぶり)地方中東部が震源で「北海道胆振東部地震」と名付けられた。胆振地方は道央の中でも南側に位置し、西には室蘭市、中央に苫小牧市、そして、東には厚真町、安平町、むかわ町がある。

 震源となった厚真町、安平町、むかわ町では震度6強から7を記録し、多くの住宅が倒壊するなど、被害も甚大だった。厚真町では広範に土砂崩れが起こり、北海道電力の苫東厚真火力発電所が破損して3基の発電機のうち2基が停止し、大規模な停電の発端となった。

 安平町早来大町地区にある早来神社では4つあった石灯籠がすべて倒れ、拝殿の一部が倒壊して屋根が落ちるなど、すさまじい揺れを物語る(図1)(図2)。

図1●拝殿の一部が倒壊した安平町の早来神社
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●地震で倒れた早来神社の石灯篭
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング