岡山県北東部に位置する美作(みまさか)市は、剣豪・宮本武蔵の生誕地として知られる。生家跡地の近くには、智頭(ちず)急行の「宮本武蔵駅」がある。駅周辺は、記念館やゆかりの神社や城跡があり、「武蔵の里」と呼ばれる。

 「パシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電所」は、宮本武蔵駅から、因幡街道を南西に数kmほどの丘陵にある(図1)。もともとこの地は、「アラン・チャールズゴルフアンドリゾート岡山」という18ホールのゴルフ場だったが、2011年に経営不振から廃業した。

図1●パシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電所
(出所:パシフィコ・エナジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 閉鎖後は、自然に任せて雑草や灌木の生い茂る荒地になっていた。メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を手掛けるパシフィコ・エナジー(東京都港区)が開発に乗り出し、今年7 月上旬に商業用運転を開始し、9月28日に式典が開催された。