探訪

4社のパネルを設置したハイブリッド発電所の4年間

三井化学がメガソーラー評価事業に生かす

2018/10/09 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

太陽光50MW、風力6MWのハイブリッド

 愛知県の渥美半島は年間を通じて風が強く、5月には「田原凧まつり」が開かれ、子どもの成長を願う「初凧」や互いの凧を落とし合う「けんか凧」で盛り上がる。田原市は半島のほぼ全域を占め、風況の良さから湾岸部には国内最大級のウィンドファームを形成している。「たはら・ソーラーウインド発電所」もその一角を占めている。

 2014年10月1日、三井化学など7社が建設したもので、風力発電所に加え、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を併設し、1つの連系点で送電している点が大きな特徴になっている。太陽光と風力によるハイブリッド型発電所としては、国内最大規模になる(図1)。

図1●「たはら・ソーラーウインド発電所」(左から3基が同発電所の風車)
(出所:三井化学)
クリックすると拡大した画像が開きます

 メガソーラーは、太陽光パネルの出力50MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力35MW、風力発電設備は1基2MWの大型風車を3基(総出力6MW)設置している。年間の発電量は太陽光と風力を合わせて、約6万7500MWhを見込んでいる。この発電量は、田原市内の約9割に当たる1万9000世帯の使用電力に相当する。稼働後、4年経ち、発電量は予想を上振れしており、順調に推移している。

 同発電所の開発を主導した三井化学は、太陽光パネルと太陽光発電所全体の診断・評価サービスで、国内でトップクラスの実績を持っている。これまでに約500件のメガソーラーの診断などを受注し、その累計容量は約2.5GWに達しているという。国内での実績を生かしてインド市場にも布石を打つなど、海外展開にも乗り出している。

 三井化学が太陽光パネルの診断事業に乗り出した背景には、パネルに使われる樹脂材料に詳しかったことがある。同社は、約30年前からパネル用の封止材を販売してきた。EVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)と呼ばれるフィルムで、カバーガラスとセル(発電素子)の間に充填して密封性を維持するなど、太陽光パネルの品質維持に重要な役割を担っている。

 太陽光パネルというと、シリコン製のセルが心臓部というイメージがあるが、長期的な耐久性や劣化速度を決めるのは、無機材料ではなく有機材料であるEVAが大きく影響している。三井化学はEVAの開発・生産企業として、その特性などを熟知している。

 こうしたパネルの知識をベースに、発電所全体の評価にも乗り出し、北海道から九州まで10カ所以上のサイトをモニタリングすることで、発電量の予測手法を蓄積してきた。「いまでは、事前の予測値と実測値との差は、年間ベースで±1%以内に収まるまで精度が上がってきた」と、同社・次世代事業開発室の塩田剛史エネルギーソリューション リーダは言う。

  • 記事ランキング