探訪

米沢で稼働する雪に負けないメガソーラー

太陽光パネルのリサイクル事業にも挑戦

2016/09/20 00:00
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

 米沢市は山形県の最南端に位置し、吾妻連峰の裾野に広がる盆地に位置する。同県の中でも雪が多く、特別豪雪地帯に指定されている。年間累計積雪深は10mに達することがあるほか、市街地でも平年の最高積雪深が約1mに達する。

図1●約2MWの「ハイブリッド発電所米沢」(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●設置角は45度、設置高は2.3mにした(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 出力約2MWのメガソーラー(大規模太陽発電所)「ハイブリッド発電所米沢」は、そんな雪国の畑に囲まれた一角にある(図1)。地面から太陽光パネルの最低部までの高さは約2.3m、アレイ(パネルの設置単位)後部の最高点は約5mに達する。

 設置角を45度まで傾けてパネルに積もった雪を滑り落ちやすくしつつ、設置高を大きくとって落ちた雪が、パネル最低部に届きにくくした。

 2014年11月に竣工以来、すでに冬を2回、超えた。「最初の冬は、重機で1回、雪の山を除雪したが、2回目の冬は雪が少なく、雪山の頂を人手で崩すだけで、重機は入れずに済んだ」。同発電所の開発事業者で、稼働後、Q&M(運営・保守)を担当するエーシー(米沢市)の大友裕一社長は、「雪に強いメガソーラー」に自信を深めている(図2)。

  • 記事ランキング