探訪

「統括事業所」で有資格者を柔軟に活用、金ケ崎の特高メガソーラー

連系設備の基礎にヒーター、積雪と凍結防止で点検しやすく

2018/08/21 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 岩手県胆沢郡(いさわぐん)金ケ崎町のゴルフ場跡地で、出力約20MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「金ケ崎GC太陽光発電所(サン・カントリー金ケ崎)」が6月に稼働を開始した(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●6月に稼働した出力約20MWの「金ヶ崎GC太陽光発電所」
ゴルフ場跡地を活用し、6万4836枚の太陽光パネルを並べた(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 金ケ崎町永沢の丘の上に立地し、元は「金ケ崎ゴルフコース&ロッジ」として運営されていた。

 この土地を活用し、コムシスクリエイト(東京都品川区)がメガソーラーを開発・運営している。同社は、NTTグループ向けの通信インフラの整備を担ってきた日本コムシスの再生可能エネルギー発電子会社である。

 金ケ崎町のメガソーラーは、日本コムシスにとって、18カ所目の太陽光発電所の稼働となった(関連コラム:兵庫県加東市の水上型の約2MW栃木県那須塩原市の約5.7MW群馬県昭和村の約2.4MW茨城県常陸太田市の約2MW)。今回の金ケ崎町の出力約20MWが最大規模となっている。

 投資額は約53億円で、年間発電量は約2100万kWhを見込んでいる。東北電力に売電しており、買取価格は非公開とする。

 金ケ崎GC太陽光発電所は、旧ルールの「最大30日」の出力抑制ではなく、「無制限・無補償」の出力抑制が系統連系の条件となった。

 こうした無制限・無補償の案件では、出力抑制の見通しが難しいといった理由から、プロジェクトファイナンスの組成が難しいとされている。コムシスグループの場合、資金力や企業自体の信用力が高く、プロジェクトファイナンスに頼らずに事業資金を賄い、開発できた。

 コムシスクリエイトでは現在、近隣の地域でもう1カ所、特別高圧送電線に連系するメガソーラーを建設している。宮城県内に立地し、11月ころの売電開始を予定している。

 2カ所の特高メガソーラーが近隣で相次いで稼働することから、第2種の電気主任技術者による電気保安管理業務を柔軟に運用できる制度を活用することにした。

  • 記事ランキング