PCSの「精密点検」を実施

 今回は、ファンの交換、PCSの中核部の一部の清掃と点検などが予定されていた。斉藤倉庫では、メーカーの推奨通りにこの修繕を実施した(図7)。この結果、大きな異常などはないことがわかった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図7●4月末の2日間、大規模修繕を実施
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月末の大規模修繕では、ファンやフィルターなどの交換のほか、普段は触れることがないPCSの中核部を清掃、点検した。この際に、分解が必要だった場所もあった。こうした修繕の作業は、PCSメーカーが担当する。

 ファンの交換にともない、ファンの制御用ボードも交換した。

 甲府倉庫のメガソーラーには、2台のPCSが設置されている。修繕の作業の間、PCSに接続している昇圧変圧器と接続箱の遮断器を切った。こうして、太陽光パネルからの発電電力と、連系点からの受電電力の両方の電気が流れ込まないようにし、安全を確保した上で作業する。

●発電所の概要
発電所名甲斐の国メガソーラーステーション
所在地山梨県甲府市白井町1410番地
(斉藤倉庫の甲府倉庫)
発電事業者 斉藤倉庫(東京都調布市)
太陽光パネル出力1.053668MW
パワーコンディショナー(PCS)出力0.99MW
年間予想発電量約119万kWh
EPC(設計・調達・施工)サービステス・エンジニアリング(大阪府大阪市)
O&M(運用・保守)テス・エンジニアリング
太陽光パネル京セラ製
(多結晶シリコン型、242W/枚、4354枚)
PCS東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製
(出力500kW機・1台、出力490kW機・1台)
売電開始日2013年6月27日
固定価格買取制度(FIT)上の買取価格40円/kWh(税抜き)
売電先エネット、東京電力グループ