過熱で接続箱の警告が連日届く

 夏の高温によるトラブルも経験した。甲府は、しばしば国内の最高気温を記録する地域である。甲府にある倉庫に特有のトラブルかもしれない。

 接続箱内の温度が高くなりすぎて、安全装置が働いてしまい、頻繁に警告が通知されたのである。2013年7月~8月は、ほぼ毎日のように警告が通知されたという。

 同社が導入した接続箱は、内部の温度が70℃以上になると、高温による障害を防ぐための安全装置が働いて、警告を通知する設定になっている。

 安全装置が働いた接続箱は、甲府倉庫を構成する二つの棟のうち、新しい棟に設置したものだった。二つの棟ともに、接続箱は屋根の上ではなく、敷地の内側の側壁にある、ひさしの上に設置している(図5)。

[画像のクリックで拡大表示]
図5●西側のひさしの上に設置された接続箱
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい棟のひさしは、西側を向いている。このため、正午以降、西日が当たり続ける。ひさしの上は、屋根の上のように風が通り抜けず、空気が滞留しがちだ。

 夏の日中の高温に加え、直射日光が当たり続けるために、接続箱内の温度が70℃以上に上がり、警告の通知が頻発した。

 古い棟のひさしは、東側を向いており、気温が高くなる時間帯には日陰になるために、このトラブルは生じなかった。

 斉藤倉庫では、この対策として、新しい棟の接続箱の筐体の外に、遮熱用のカバーを追加した。カバーには、通気口を確保し、熱い空気が溜まりにくい構造にした。この工夫を講じた後は、同じトラブルが起きる回数は減った。それでも、やはり甲府独特の高温になる日には、いまでも警報が届くという。