「40年来、町の抱えてきた懸案がようやく解決した。本当にありがたいこと」。4月15日、岡山県久米南町で、「パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所」の竣工式が開催された(図1)。久米南町の河島建一町長は、式典の祝辞で、感慨深げにこう挨拶した。同発電所は民有地に建設したものだが、同町は開発当初から積極的に支援してきた。

図1●「パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所」竣工式でのテープカット
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 同発電所は、太陽光パネルの設置容量約32.2MW、連系容量約26.4MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)で、事業主はSPC(特定目的会社)のパシフィコ・エナジー久米南合同会社。約118haに10万7520枚の太陽光パネルを並べた。出力約32MWは、現時点では岡山県内で最大規模の太陽光発電所になる(図2)。

図2●完成した「パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所」
(出所:パシフィコ・エナジー)
[画像のクリックで拡大表示]