探訪

茅野と伊那の発電所に見る「セカンダリー太陽光」の買い方

地域や地主との取り決めなど、書類に現れない点も

2019/04/23 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 長野県茅野市に、太陽光パネルの出力が約1.33MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力が1.26MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「EBH茅野スタジアム発電所」がある(図1)。

図1●EBH茅野スタジアム発電所
(出所:エンバイオ・ホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 発電所の名にある通り、野球場だった場所を活用し、太陽光発電設備が設置されている。

 数百人単位の観客席のほか、グラウンドには、地面より一段低くつくられているダッグアウトや、バックネット下に設けられた関係者室など、地方の大きな大会でも開けそうな野球場だったことが伺える(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●本格的な野球場だった
八ケ岳の峰々も見える(上から2枚目)(出所:日経BP)

 バックネット裏の観客席は、八ケ岳の峰々をもっとも良く眺められる位置にあり、野球だけでなく、観客席からの景観にも配慮した施設になっている。

 この野球場は公営ではなく、近隣地域に本拠を置く大手精密機器メーカーの福利厚生用の施設だった。野球場の隣には、独身寮の建物が建ち、こちらは現在でも使われている。

  • 記事ランキング