積雪対策で高さは1.5mに

 近隣は、冬季には豪雪地域ほどではないが、一定の積雪がある(図9)。清水原発電所の周囲で年平均約1m以上、豊房発電所の周囲で同1m未満となっている。

[画像のクリックで拡大表示]
図9●1m前後の積雪を想定
パネル設置高は1.5m(上)、積雪時に備えた目印も多く設置(下)(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、太陽光パネルの最低部の地面からの設置高は、約1.5mを確保した。設置角も25度とした。同社のメガソーラーは、基本的に設置角を10度としている。

 設置高を通常よりも上げたことで、春から秋にかけての草刈りの回数を減らせることも期待している。同社のメガソーラーでは、基本的に地元の企業や団体に除草を委託する方針を採っている。