2030年度の燃料電池車(FCV)市場は、2016年度比で170.6倍の2兆6270億円になる——。これは調査会社の富士経済が2017年12月12日に発表した市場予測だ(図1)。日本や北米を中心にFCVの市場は拡大。2020年以降に各メーカーの量産体制が整い、市場は大きく伸びるとみる。

図1 燃料電池車(FCV)市場は、2030年度に2兆6270億円に拡大
[画像のクリックで拡大表示]

図2 トヨタ自動車のFCV「ミライ」
[画像のクリックで拡大表示]

 市場の拡大をけん引しているのは、トヨタ自動車の「ミライ」やホンダの「クラリティフューエルセル」などの日本勢だ。ミライは2014年12月に発売した量産型FCV(図2)。水素と空気中の酸素を化学反応させる燃料電池(FC)スタックで発電し、駆動用モーターを動かす仕組みである(関連記事:トヨタFCV発進)。

 同社が既存のハイブリッド車(HEV)に搭載する、駆動用モーターやパワー・コントロール・ユニット(PCU)、電池などを流用することで、徹底的な低コスト化を実現。量産にこぎ着けた。2025年にはHEV並の価格に引き下げようと技術開発を進めている。

図3 ホンダのFCV「クラリティフューエルセル」
[画像のクリックで拡大表示]

 対するホンダは、2016年3月にクラリティフューエルセルを発売した(図3)。同車両の最大の特徴は、他の電動車への展開を念頭にプラットフォーム(PF)を開発していることだ。

 ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動車に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動車の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事:ホンダの新型FCV、進化を支えた先進技術)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら