ソニーセミコンダクタソリューションズは、読み出し雑音が1電子を下回る(サブエレクトロンの)CMOSイメージセンサー(CIS)を試作し、「IEDM 2017」で発表した。医療分野やライフサイエンス分野の計測で用いる「放射線フォトンカウンティング(光子計数)」に向けたものである。例えば、医療画像診断装置の光検出器として利用される「光電子増倍管(PMT)」や「CZT(Cadmium Zinc Telluride:テルル化亜鉛カドミウム)検出器」の置き換えを狙う。

 今回の試作品は、イメージセンサーの新分野開拓の一環として取り組んだ。ソニーは、従来のデジタルカメラやスマートフォン、自動車に加えて、監視カメラやドローン、産業用ロボットなどにおけるセンシング用途にも、同社のイメージセンサーを広げようと開発に力を入れている。2017年には、こうした新分野開拓に向けた新組織「センシングソリューション事業部」をソニーセミコンダクタソリューションズに発足させた。今回の試作品は、同事業部が中心となって開発に取り組んだものである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら