三菱マテリアルは2017年12月19日、都内で会見を開き、子会社である三菱電線工業(本社東京)で新たな品質データの偽装が見つかったことを公表した。

2017年12月19日に都内で開かれた、三菱マテリアルら3社による品質データの偽装に関する会見の様子。右から2番目が三菱マテリアル社長の竹内章氏
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電線工業で新たに品質データの偽装が見つかったのは、電子機器のノイズフィルターやモーターコイルなどに用いられる平角マグネットワイヤだ。商品名は「メクセル」。同製品は最小1.5μmという薄い皮膜による絶縁の確保を特徴とする。

 2016年12月1日~2017年11月30日の1年間に出荷したメクセルのうち43ロットで、絶縁の被膜の厚さなどの寸法が顧客との間で取り決めた仕様の範囲外だったにもかかわらず、仕様の範囲内の数値に書き換えている可能性のある製品が見つかった。三菱電線工業によると、出荷先の5社にデータ偽装の事実を説明済み。現在、安全性の確認を急いでいる。2017年12月13日以降に出荷された製品については品質データの偽装がなかったことを確認したという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら