ダイハツ工業は2017年11月23日、インドネシア向けの小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「Terios」を全面改良して発売した。インドネシアにおける同社の現地法人「Astra Daihatsu Motor(ADM)社」と共同開発した車両で、ADM社が生産・販売する(図1)。

図1 全面改良した「Terios」
[画像のクリックで拡大表示]

 全面改良した新型車はADM社がインドネシアで販売する他、トヨタ自動車にもOEM(相手先ブランドによる生産)供給する(トヨタでの車名はRush)。ダイハツはトヨタグループにおいて、新興国向け車両の設計・開発などを担っている。今回の新型車は、ダイハツが主導して開発した新興国向け車両の先駆けである。

 新型車は、インドネシアで人気が高まっている3列シート・7人乗りの車両である。先代車に比べて室内長を170mm、荷室長を150mm長くして、広い車内空間を実現した。また、インドネシアで最も売れている3列シートのMPV(多目的車)からの乗り換えを狙い、上質な内装デザインとした(図2)。

図2 新型車の内装
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら