トヨタ自動車とスズキは2017年11月17日、インド向け電気自動車(EV)の投入に関する覚書を締結したと発表した。両社が共同で開発・生産するEVを、2020年ごろにインドで発売することを目指す。

 トヨタとスズキは2017年2月に、業務提携に関する検討を始めると発表した(関連記事:トヨタとスズキの業務提携、フィジビリティースタディへ)。今回の覚書締結は、その一環である(図1)。

図1 トヨタ自動車とスズキの発表資料
[画像のクリックで拡大表示]

 両社の覚書によると、スズキがインド向けに造るEVに対して、トヨタが技術面で支援する。スズキが造った車両は、トヨタにも供給する。さらに、充電ステーションの整備やEVの販売でも連携する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら