米Autodesk社は2018年中ごろに、ジェネレーティブ・デザイン機能を持つソフト「Autodesk Generative Design(AGD)」をクラウド・サービスとして提供する。米国ラスベガスで同社が開催した「Autodesk University 2017」(2017年11月14~16日)で明らかにした。会期中の11月15日には、テスト(テックプレビュー)版をクラウドベースのCAD「Fusion 360 Ultimate」のユーザーに対して開放し、無償で評価目的の利用ができるようにした。ほぼ完成品として扱える機能にしているが、さらにユーザーの要望や意見に応じて改良していくという。

形状合成機能で多数の設計案を導出

 AGDの機能は、ジェネレーティブ・デザインの中でも「フォーム・シンセシス(形状合成)」と呼ばれるもの。ユーザーの指定する要求条件に対して、複数の設計案を生成するのが特徴だ。

 利用する際はまず、3D-CADで作成した形状を取り込む。この形状は3次元空間の中で設計対象部品の取り付け位置と、部品が干渉してはいけない領域を指定する目的のもの(図1)。従って、部品外側の空間の一部を占める形状であり、部品自体の形には似ていない。

図1 3次元の設計空間を定義
図1 3次元の設計空間を定義
赤色の部分は部品が干渉してはいけない部位、緑色は部品の取り付け位置(他の部品やアセンブリとの接触点)を示す。さらに質量、応力、変位など最適にしたい仕様項目を指定し、さらに3Dプリンターか切削加工かといった製造方法、材料の候補(複数)を入力する。
[画像のクリックで拡大表示]

 次いで、ユーザーは部品にかかる荷重と、設計上で最適にしたい質量、応力、変位などの仕様項目を指定し、さらに3Dプリンターか3軸加工か、5軸加工か、射出成形かといった製造方法、材料の候補(複数)を入力する。AGDはこれらの指定に基づいて、複数の設計案を生成し、ユーザーに提示する(図2)。「ユーザーが気付いていないような案も含めて、複数の案によってできるだけあらゆる可能性を網羅する」(同社シミュレーション製品担当副社長のGreg Fallon氏)ことを目的としている。

図2 AGDが複数の設計案を提示
図2 AGDが複数の設計案を提示
さまざまな設計の可能性を網羅する。設計案の個数はあらかじめユーザーが指示する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら