米Autodesk社は2017年11月15日、クラウドベースの3D-CAD「Fusion 360」に、3D-CAD「Autodesk Inventor」(同社)、「SOLIDWORKS」(フランスDassault Systemes社)のデータを取り込む「AnyCAD機能」を実装し、プレビュー版を同日から公開したことを発表した。AnyCADは、他のCADからデータを変換せずに読み込み、その形状をモデリング作業で参照できるようにする機能。2018年第1四半期には「PTC Creo」(米PTC社)、「NX」(米Siemens PLM Software社)にも対応する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら