欧州委員会における会議の様子(出典:同委員会)
[画像のクリックで拡大表示]

 欧州委員会(European Commission)は2017年11月8日、自動車の新しいCO2排出量規制に関する草案(ドラフト)を発表した。乗用車と小型商用車の1km走行当たりのCO2排出量を、2025年に2021年比で15%、2030年に同30%減らす目標を掲げる。同委員会は、パリ協定のCO2排出量削減の達成に向けて、「決定的な一歩を踏み出した」と意気込む。今後、草案に対する意見を受け付けた後、最終決定する。

 草案に対して、複数の日系自動車メーカー関係者が「極めて厳しい」と口を揃えた。欧州自動車工業会(ACEA)は同日に早速反論を表明。2030年の30%削減の目標に対して、「過度に挑戦的(overly challenging)」との見方を示し、削減幅を20%にとどめることを求めた。加えて、欧州委員会が2025年に15%削減の目標を設定する案に対して、「(自動車の)長い開発期間を考慮すると、十分な時間がない」と否定的な見解を示した。

 2021年のCO2排出量の規制値は、従来の走行試験モード「NEDC」で95g/km以下にすることが決まっている。95g/kmを前提に計算すると、欧州委員会の草案では2025年に80.75g/km、2030年に66.5g/kmになる。なお2021年から新試験モード「WLTC」を使ってNEDCと同等水準の規制値に換算し、まだ換算した値は決まっていない。かねて、2025年に68~78g/kmにする議論があった。今回の草案は上限の78g/kmより緩く、欧州自動車業界の意見を少し汲んだように映る。それでも環境性能で現在高い水準にあるトヨタ自動車「プリウス」(CO2排出量70g/km)であっても、2030年の規制値に達しない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら