来日した独Texas Instruments Deutschland社のMiro Adžan氏(General Manager, Industrial Systems, Factory Automation & Control)は、2017年11月13日の国内報道機関向け会見において、FA(Factory Automation)向け事業に関して説明した。その中でFA向けの通信プロトコル「IO-Link」に対応する新製品を紹介した。

登壇したMiro Adžan氏。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏によれば、FAなどの産業分野でTIは複数の優位性を持つという。中でも幅広い製品群、アプリケーションに明るいエンジニア、そして豊富なリファレンス設計の3つが重要だとした。リファレンス設計は、産業、自動車、電源管理の3つの分野合計で2000を超えるとし(関連記事)、その中の13個がIO-Link関連のリファレンス設計だという。「IO-Linkを使うFAネットワークの普及率はそれほど高くはないが、ほとんどの新造ラインはIO-Link対応である。我々はIO-Link対応製品に力を入れている」(同氏)。IO-Link関連のリファレンス設計は現在も開発中で、今後、増えていくとした。

IO-Link関連のリファレンス設計。TIのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら