トヨタ自動車は、2017年度(2017年4月~2018年3月)の世界販売計画を上方修正した。2017年11月7日に開催した2017年度上期決算の会見で、同社取締役副社長の永田理氏は、連結販売台数を期初の計画より5万台増やして895万台を目指すとした(図1)。

図1 トヨタ自動車取締役副社長の永田理氏
[画像のクリックで拡大表示]

 販売計画を上方修正した要因は、主に欧州の販売増加である。期初の計画より3万台多い97万台を目指す。小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「C-HR」や部分改良した小型車「Yaris(日本名:ヴィッツ)」、ハイブリッド車(HEV)を設定する小型車「オーリス」などがけん引する。

 北米の販売計画を下方修正するメーカーが相次ぐ中で、トヨタは同地域でも販売台数を増やす計画だ。期初の計画に比べて1万台多い279万台とした(図2)。

図2 上方修正した世界販売計画
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら