マツダは、2017年度(2017年4月~2018年3月)の北米販売計画を下方修正した。2017年11月2日に開催した2017年度上期決算の会見で、期初の計画より1万1000台少ない44万3000台に引き下げたと発表した(図1)。

図1 2017年度通期の世界販売計画
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が販売計画を見直した背景には、北米市場におけるセダン系車種の販売不振がある。その結果、販売会社に支払うインセンティブ(販売奨励金)が上昇し、乗用車の販売競争が激化している。

 同日の会見で代表取締役副社長執行役員の丸本明氏は、「競争が激しくなっており、販売計画を下方修正せざるを得なかった。今後は販売会社との連携を密にして、販売力を強化する」と述べた(図2)。

図2 マツダ代表取締役副社長執行役員の丸本明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、北米の減少を中国の増加で補い、通期の世界販売台数は期初の計画である160万台を据え置いた。内訳は日本が21万3000台、北米が44万3000台、欧州が26万7000台、中国が29万2000台、その他の市場が38万4000台である。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら