英Arm社は、スマートフォンのディスプレー表示に向けたIPコアセット「Arm Display Solution」を発表した(日本語ニュースリリース)。スマートフォンを使ってのVR(Virtual Reality)の実現や、屋外でも見やすいHDR(High Dynamic Range)コンテンツの表示、マルチウインドウ表示などを狙ったもの。

Arm Display Solution(図中のオレンジ色の部分)は3つのIPコアからなり、アプリケーションプロセッサーICに搭載される。図中のAD-5は「Assertive Display 5」を表す。Armの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 3つのIPコアからなる。ディスプレー表示処理IPコアの「Mali-D71」、システムメモリー管理IPコアの「CoreLink MMU-600」、リアルタイムの表示調整IPコアの「Assertive Display 5」である。Arm Display Solutionは、スマートフォン向けアプリケーションプロセッサーICのディスプレー出力の直前で処理を行う。

Komedaアーキテチャーの最初の製品

 「Mali-D71」は、同社のディスプレー表示処理の最新アーキテクチャー「Komeda」に沿った最初のIPコアである。既存のディスプレー表示処理IPコアの「Mali-DP650」の上位製品に当たる(関連記事)。Mali-D71はコンポジションやローテーション、スケーリングなどの画像処理を行うハードウエアを備えており、GPUコアの処理負荷を軽減する。このディスプレー表示処理IPコアを適用することで、システムの消費電力を30%削減するという。

「Mali-D71」の機能ブロック図。Armの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 またMali-D71は、Mali-DP650に比べて面積当たり2倍の処理性能を持つ。さらに、メモリーサブシステムの最適化によって、Mali-D71は、Mali-DP650に比べて最大で4倍のシステムバス上のレイテンシーを許容できる(すなわち、システムバス上のレイテンシーが4倍になっても、同じスループットを確保できる)。また、「サイド・バイ・サイド」と呼ぶモードで実行することで2倍のピクセルスループットを達成可能だという。

 以上のような高い処理性能を低い消費電力で提供できることから、Mali-D71を利用すれば、4K解像度・120フレーム/秒の速度でのVRをスマホで実現可能になるという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら