SUBARU(スバル)は2017年10月19日、神戸製鋼所が品質データを偽装したアルミニウム(Al)合金の一部について、安全が確認できたと発表した。

 安全を確認したのは、神戸製鋼から直接購入しているAl合金の板材。現時点で「データの偽装があった」と報告を受けているのは同板材だけで、スバルは自社の一部車種のフロントフードに使っている。

 神戸製鋼からの報告を受けてスバルが社内で検証した結果、問題となったAl合金の板材の品質は、スバルが定める全ての安全基準を満たしていることを確認できたという。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら